結婚式の前撮りやフォト婚のヘアスタイルは、ウェディングドレスや会場選びと同じくらい重要ですよね。色々調べているけれど、たくさんありすぎてどうしたらいいのか分からないという方のために、今回は花嫁に人気のヘアスタイル必要な髪の毛の長さについて細かく解説します。

ウェディングドレスで人気のヘアスタイル

まずは、ウェディングドレスにおすすめの髪型を紹介します。ヘアスタイルによって印象の違いもあるので、ぜひご覧ください。

王道のダウンスタイル

王道のダウンスタイルです。ハーフアップや巻きおろし等は定番ですよね。下ろす髪の毛の量や巻き方によって可愛らしい雰囲気にもかっこいい雰囲気にもできるのがダウンスタイルの良いところです。また、お色直しでダウンスタイルにする方が多いです。

華やかな高めアップスタイル

高い位置にまとめたヘアスタイルです。ボリュームが上にくるので、とても華やかな印象でおめでたいウェディングの場にぴったりです。デコルテや肩のラインもよく見えるので、ウェディングドレスに映えます。

シンプルな低めアップスタイル

最近は、低めにまとめたスタイルが人気です。ゆるくまとめたシニヨンは、ウェディングドレスはもちろん、色打掛や白無垢などの和装にも合わせやすいです。和装と洋装を着るけれど、ヘアチェンジが出来ないという時は、ふんわりとした低めのシニヨンスタイルがおすすめです。

色打掛や白無垢などの和装で人気のヘアスタイル

普段着ている洋服とはがらりと印象が変わるため、どのようなヘアスタイルが似合うのか悩みますよね。そんな方に向けて色打掛や白無垢などの和装におすすめの髪型を紹介します。

顔立ちに似合わせやすいシニヨン

シニヨンとは髪の毛をお団子にまとめたヘアスタイルです。和髪風に髪の毛の表面にツヤを出した面のシニヨンは、和装の華やかさを引き立ててくれます。色打掛は重厚感があるので、髪のトップやお団子部分をボリューミーにするとバランスが良くなります。また、部分的にカールを入れると、髪型にも動きが出て一味違う雰囲気になるのでおすすめです。ウェディングドレスと同じく、ゆるくまとめたシニヨンも人気です。

和装といえば日本髪

日本髪というと文金高島田が代表的なスタイルですが、最近では、地毛で結い上げる新日本髪も流行っています。地毛だからこそできる顔立ちに似合わせた日本髪や少し崩したヘアスタイルも人気が出てきています。せっかくの機会に日本髪に挑戦してみてはいかがでしょうか。

和装とドレスどっちも可愛いヘアスタイル

揺れる後れ毛が可愛いポニーテール

高さによって雰囲気がガラッと変わるポニーテールもおすすめの髪型です。高く結ぶと華やかに、低めに結ぶとナチュラルな雰囲気になります。ポニーテールにリボンや紐を巻き付ける個性的なスタイルも人気が出てきています。

ロングヘアを活かせる編みおろし

せっかく伸ばした髪の長さを活かしたいという方におすすめなのが編みおろしスタイルです。ボリュームもあり、崩れにくいので風のある屋外でのロケーション撮影におすすめです。

ウェディングドレスのシルエット別おすすめの髪型

いざ自分のやりたい髪型をしてみたら、ウェディングドレスとのバランスが悪くコーディネートがまとまらないことがあります。なぜかというと、ヘアスタイルによってシルエットのバランスが崩れてしまうからです。ウェディングは様々なシルエットのものがあり、ボリューム感もデザインにより大きく異なります。ドレスのデザインや全体のバランスを考えながら髪型を決めていきましょう。

Aラインのウェディングドレス

Aラインのドレスは、ダウンスタイルもアップスタイルもよく合います。サテンやシルクのクラシカルなデザインには、夜会やシニヨン等の少し艶感のあるスタイルが特におすすめです。チュールやオーガンジーの柔らかい素材のデザインの場合は、カール感を出したふんわりとした女性らしいスタイルがおすすめです。Aラインのドレスは、デザインも豊富なので会場や自分のイメージに合わせて選びましょう。

プリンセスラインのウェディングドレス

プリンセスラインは、スカート部分にボリュームがあり可愛らしい印象のため、後れ毛を出した高めのお団子スタイルやふわふわに巻いたポニーテールやハーフアップがよく合います。ドレスに合わせて、全体的にかわいらしくまとめてみましょう。

髪の長さはどれくらい必要?

やりたいヘアスタイルがあるけれど、自分の今の髪の長さでできるのか分からないという方も多いですよね。そんな方のために髪の長さ別に出来るヘアスタイルを紹介します。伸ばしている途中の方はこちらを参考に頑張って伸ばしてみてください!

ショート~ボブ

襟足が3㎝未満だと綺麗にまとめることができないため、トップの髪を巻いて動きを出したり、オイルやジェルを使ってピタッとまとめたモダンスタイルがおすすめです。ボブならハーフアップや外ハネもできます。

ボブ~ミディアム

結んだ時に顔回りの毛は落ちてきてしまうけれど、後ろは結べるくらいの長さです。少しでも結べる長さになれば、襟足をすっきりとさせた夜会風のスタイルが綺麗にまとまります。シンプルになりがちなので、後れ毛などで動きを出してアレンジしましょう。

ミディアム~ミディアムロング

鎖骨くらいまで伸びてきたら、低めのシニヨンスタイルが可能です。ゆるふわもかっちりしたスタイルもどちらもできるようになります。色々アレンジしたい場合、まずは鎖骨までを目指して伸ばしましょう。高めにまとめたヘアスタイルを希望の場合、ボリューム小さめであれば可能です。

ミディアムロング~ロング

胸元くらいまで伸びてきたら、好きなヘアアレンジが可能です。編みおろしやポニーテールもボリューミーで華やかに仕上げられます。伸ばしすぎると髪の毛が余ってしまい、思った以上にボリュームが出てしまうこともあります。そんな時は、美容師さんにやりたいイメージを見せてちょうどいい長さに整えてもらいましょう。

まとめ

今回は、ヘアスタイルについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。まずは、アップにするなら高めか低め、ふんわりかかっちり等、イメージを比べていきながら選んでいくと好みの髪型が見つかりやすいです。ぜひ参考にしてみてください。