近年、密かに人気になっているソロウェディング。この言葉を一度は耳にしたことがある方も多いはず。 今回は、ソロウェディングの魅力や理想を叶えるために気をつけるべき点やおすすめの衣装、可愛いポーズを詳しく紹介します。

ソロウェディングとは

ソロウェディングと聞くと「1人で結婚式をするの!?」と感じる方もいると思いますがソロウェディングとは一般的に、ウェディングドレスや白無垢などの花嫁衣装を着て1人でフォトウェディングを行うサービスを指します。プロにヘアメイクを施してもらい、プロのカメラマンに撮影してもらうことで今の美しい自分を形として残せるのが、ソロウェディングの最大の魅力です。

ソロウェディングはこんな方におすすめ!

未婚・既婚問わず憧れを叶えられるソロウェディング。実際にソロウェディングをする目的は様々です。ここでは、ソロウェディングがどんな方におすすめかを紹介します。

結婚の予定はないけど、両親に花嫁姿を見せたい方

晩婚化が進む世の中、まだ結婚の予定はないけど、両親が元気なうちに一度だけでも花嫁姿を見せたいという女性にはソロウェディングがおすすめです。実際に両親をスタジオに招待してお披露目するのもよし。撮影した写真をプレゼントするのもよし。どのような形でもご両親にとっては一生の宝物となるでしょう。

結婚式では着られなかった衣装を着たい方

一般的に結婚式で着られる花嫁衣装は1〜2着程度です。「カラードレスも着たかった。」「和装も着たかった。」このように感じている方はソロウェディングを行うのも1つの手です。また、結婚式で着るよりもソロウェディングとして衣装を着る方が、費用が抑えられることもおすすめしたいポイントです!

夫は写真が苦手で、1人でもいいからドレス姿の自分を残しておきたい方

「フォト婚」という言葉がある様に、近年ウェディングフォトを残す夫婦が多くなっています。一方で、写真が苦手な男性は非常に多いです。実際に、「ウェディングフォトを残したいけど、夫が乗り気ではない」と話す方も少なくありません。そんな女性も夢を叶える手段としてソロウェディングを選ぶのも良いでしょう。自分の夢と理想を存分に詰め込んだウェディングフォトを残せること間違いなしです。

理想を叶えるためのポイント

理想通りのソロウェディングを叶えるためには、必ず確認すべきポイントがあります。ここでは、理想を叶えるために気をつけるべきポイントを3つ紹介します。

衣装のデザインと在庫の確認

大前提として、好みのデザインの衣装が用意されているのかは大切なポイントです。ホームページに好みの衣装が掲載されていても、撮影当日は他の方が着用していて希望の衣装が着られなかったということも珍しくありません。自分の撮影日に希望の衣装を着ることができるのかを事前にしっかり確認しましょう。

プランの内容と金額の確認

理想を追い求めるうちに追加料金がかかり、予算をオーバーしてしまうケースは非常に多いです。事前に希望の内容を細かく伝えて見積書を出してもらいましょう。理想と予算を天秤にかけて冷静に判断をして、後悔のないソロウェディングを叶えてください。

仕上がりの雰囲気を明確に伝える

理想のソロウェディングを叶えるためには、ヘアメイクの仕上がりと写真の雰囲気が自分の理想とマッチするかどうかも重要です。ヘアメイクについては、事前に希望のヘアスタイルやメイクのイメージを下調べしましょう。可能であれば、ヘアメイクリハーサルを行うと当日は安心して臨めます。写真の雰囲気に関しては、撮影してほしいイメージを伝えるだけではなくやりたくないポーズも伝えることが大切です。言葉だけで伝えるとイメージの相違が生まれる可能性があるので、指示書という形でイメージを可視化するのがおすすめです。

ソロだからこそ映えるおすすめ衣装とポーズ

ソロウェディングに興味はあるけど、着たい衣装がわからない方や撮りたいイメージが湧かない方のために、おすすめ衣装とポーズを紹介します。

洋装編|チュール素材のAラインドレス×シンプルな立ち姿

チュール素材のウェディングドレスは透け感があり、優しくやわらかな印象になります。またAラインのウェディングレスはウエストの位置が高く脚長効果があり、体型を選ばずに美しく着こなせる形です。シンプルに正面を向いて立つことで、流れるように綺麗なAラインの形が引き立ちます。

洋装編|バックスタイルがオシャレなマーメイドドレス×振り向き姿

大人の魅力が溢れるマーメイドドレスは、可愛いよりも上品で落ち着いた印象になります。体のラインがしっかり出るデザインなので、細身で高身長の方におすすめの形です。ウェディングドレス自体のボリュームは控えめなので、振り向きポーズでざっくり開いたオシャレなバックスタイルを見せると写真に華やかさが出ます。

和装編|花柄で淡い色の色打掛×横顔

花柄の色打掛は、優しく可愛らしい印象となります。和装でもやわらかく今時な雰囲気にしたい方には、淡い色味がおすすめです。色打掛が可愛らしい印象の場合は、敢えて横顔でアンニュイな表情を見せることで大人っぽく落ち着いた雰囲気をプラスすることができます。

和装編|シンプルで大柄の色打掛×横向きの立ち姿

大柄の色打掛は、迫力があり個性的でかっこいい印象になります。顔立ちがしっかりした高身長の方には、シンプルで大柄な色打掛がおすすめです。また襟元のコーディネートもシンプルにすると色打掛自体の華やかさが引き立ちます。身体を横に向けて袖の柄をしっかり見せることで、シンプルになり過ぎず写真に程よい華やかさを加えることができます。

まとめ

ソロウエディングの魅力と理想を叶えるためのポイント、おすすめの衣装からポーズまで紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。この記事がソロウェディングを検討中の方にとって少しでも有意義なものとなることを願っています。